那須町大島の那須どうぶつ王国は15日、飼育する野生のニホンライチョウ1羽が死んだと発表した。死んだのは、8月上旬に長野県の中央アルプスから移送した雌の親鳥。

 移送された残りのひな6羽の健康状態は良好だが、普段と比べ落ち着きがないという。