水沼尚輝選手

 【真岡】市は14日までに、東京五輪競泳男子100メートルバタフライなどに出場した小林出身の水沼尚輝(みずぬまなおき)選手(24)に初の「市スポーツアンバサダー」を委嘱する方針を決めた。17日に市役所で委嘱状交付式がリモートで行われる。

 市スポーツアンバサダーは、市出身や市ゆかりの著名なスポーツ選手に、アンバサダー(大使)として真岡の魅力発信やスポーツ振興、地域活性化に努めてもらう今月スタートの新制度。顕著な成績を残した知名度のある選手が対象で、本人の同意を得て委嘱する。