芳賀に初の地域おこし協力隊 矢野さん、農産物の販路拡大など目指す

 【芳賀】町はこのほど、初の地域おこし協力隊として埼玉県越谷市出身の矢野晴美(やのはるみ)さん(33)に委嘱状を交付した。「道の駅はが」内の農産物直売所の運営業務などを中心に町産農産物の販路拡大や、同道の駅の売り上げ増などを目指す。

 矢野さんは埼玉県内で会社員として働いた後、都内飲食店などで勤務した経歴を持つ。「地方を盛り上げる仕事に興味があった」と同隊に応募したという。 

 町役場で行われた委嘱状交付式で、矢野さんは「プレッシャーはあるがチャレンジしていきたい。売る側、買う側の視点を持って提言していけたらいい」と抱負を述べた。

 矢野さんは、農政課農業振興係に配属され、委嘱期間は2018年3月31日まで。