パートナーシップ宣誓証明書を手にする奥山さん(左)とハメルさん

粉川市長(左)からパートナーシップ宣誓証明書を手渡される奥山さん(右)とハメルさん

パートナーシップ宣誓証明書を手にする奥山さん(左)とハメルさん 粉川市長(左)からパートナーシップ宣誓証明書を手渡される奥山さん(右)とハメルさん

 【日光】市は13日、今月導入した性的少数者(LGBTQ)のカップルをパートナーとして公認する「市パートナーシップ宣誓制度」に基づく市内第1号の男性カップルに宣誓証明書を交付した。

 宣誓したのは文挟(ふばさみ)町、会社経営奥山瑞明(おくやまずいめい)さん(48)とパートナーのハメル・ディビッド・フレイザーさん(47)。約20年前、カナダのトロントで出会い2010年に結婚。19年5月に市内へ移住した。