日本高校野球連盟は13日、青藍泰斗の伊藤翔哉(いとうしょうや)三塁手=178センチ、70キロ、右投げ右打ち=がプロ志望届を提出したと同連盟ホームページで公表した。10月11日の新人選手選択会議(ドラフト会議)で指名対象となる。県内高校生の志望届提出は白鴎大足利の中沢匠磨(なかざわたくま)投手に続いて2人目。

 伊藤は氏家中時代は宇都宮リトルシニアでプレー。青藍泰斗では2年秋に主将に就任。勝負強い打撃と攻守に粘り強いプレーでチームをけん引し、4強入りした昨秋県大会では優秀選手にも選ばれた。