東京パラリンピック・車いすテニス女子ダブルスで銅メダルを獲得した大谷桃子=3位決定戦、4日、有明テニスの森公園

 【栃木】市は13日の定例記者会見で、東京パラリンピックの車いすテニス女子ダブルスで銅メダルに輝いた市出身の大谷桃子(おおたにももこ)選手(26)=かんぽ生命=に、市民栄誉賞を授与する方針を明らかにした。大谷選手への同賞授与は3度目となる。

 表彰式は11月9日実施を予定しており、市が準備を進めている。

 大谷選手は栃木第五小、東陽中卒。市は2018年、アジアパラ競技大会の車いすテニス女子シングルスで銅メダルを獲得した大谷選手に、初めて同賞を授与。続いて昨年、テニスの四大大会・全仏オープン車いすの部女子シングルスで準優勝を果たしたことを受けて2度目を授与した。

 市によると、同賞は芸術、文化、スポーツ、その他の分野で市民の栄誉となる顕著な功績を挙げ、市の名声を高めた人に授与するとしている。