袖に「サシバのサッちゃん」がプリントされた鮮やかなシャツを着て着席する議員

 【市貝】定例町議会最終日の13日、町議12人と町執行部が町公式キャラクター「サシバのサッちゃん」の絵柄が付いたポロシャツを着て本会議に臨んだ。

 町の「サシバの里づくり基本構想」の推進に一役買おうと、町議会の提案で実現。全議員と入野正明(いりのまさあき)町長ら執行部、議会事務局員11人の計23人が、自前で用意したポロシャツを着て席に就いた。

 シャツは町観光協会などが製作。ペパーミントグリーンや蛍光の黄色など鮮やかな色から深緑や黒まで10色ほどあり、愛嬌(あいきょう)のある「サッちゃん」が上腕や胸の位置にプリントと刺しゅうで描かれている。普段は堅い議場の雰囲気が和らいだ。

 サシバは町の豊かな自然のシンボル。山川英男(やまかわひでお)議長は「自然の宝が生かされていないと感じるので、少しでも町民の関心を高めたい」と話した。