小山御殿広場に設置された大形看板

 【小山】東京パラリンピック車いすバスケットボールで銀メダルを獲得した市出身の高松義伸(たかまつよしのぶ)選手をたたえようと、市は10日、市役所北側の小山御殿広場に大形看板を設置した。

 看板は横5・4メートル、縦1・35メートル。シュートを放つ姿と、銀メダルを手にした笑顔の高松選手の写真が添えられている。

 高松選手の活躍について、浅野正富(あさのまさとみ)市長は同日の定例記者会見で「小山の子どもや障害者たちに夢と希望を与えてくれた」とたたえた。看板設置は11月1日まで。