栃木市は13日、市職員に対する不妊治療のための有給の特別休暇「コウノトリ休暇」を創設すると発表した。休暇は最大で年6日取得できるようにする。

 市によると、常勤職員への不妊治療の有給制度は県内自治体で初めて。