放課後児童クラブ「ゆめがくどう」事務所開所を祝う 那須塩原

 【那須塩原】市内の公設民営の放課後児童クラブの運営を行うNPO法人ゆめがくどう(後藤政人(ごとうまさと)理事長)の事務所の開所式が21日、埼玉の同所で行われた。

 式には市保育課の江連宣仁(えづれのぶひと)課長や地元自治会長ら来賓をはじめ関係者約40人が出席。後藤理事長は「子どもたちの成長を目指した取り組みを、この事務所から発信していきたい」とあいさつ。テープカットには、事務所に隣接する稲村わんぱくクラブの子どもたちも参加し、開所を祝った。

 新事務所は、移転した稲村公民館跡地の建物を使用。木造平屋で延べ床面積は約142平方メートル。