鮫島彩

 12日に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」で、元なでしこジャパンで宇都宮市出身のDF鮫島彩(さめしまあや)(大宮)がゼロから再出発する。34歳で迎える今季はINAC神戸から新設チームへの移籍を決断し、ピッチ内外で土台づくりに挑戦。選手として経験を生かした貢献を誓うとともに、故郷・栃木を含めた普及活動にも意欲を見せている。

 強豪でプレーを続ける道を選ばず、あえて発展途上のチームを選択した。「想定通りすごく大変だけど、すごく充実していて毎日があっという間」。固定した練習場がないなど十分な環境は整っていないが、新たな舞台へ心に火が付いている。