3連勝を飾り、試合終了後にタッチを交わすDF柳(右端)ら栃木SCの選手たち=岡山市のシティライトスタジアム

 サッカーJ2第29節は11日、各地で9試合を行い、栃木SCは岡山市のシティライトスタジアムで岡山と対戦、1-0で勝利した。5カ月ぶり今季2度目の3連勝で通算成績は7勝11分け11敗の勝ち点32。順位は14位のまま変わらず。

 栃木SCは3試合連続で同じ11人が先発。試合立ち上がりは互いに決定的なチャンスをつかめない時間が続いた。前半21分にDF柳育崇(やなぎやすたか)が頭で放ったシュートは枠の左。27分にMF谷内田哲平(やちだてっぺい)がフリーで打ったシュートは枠の右に外れた。飲水タイムを過ぎてからは岡山に押し込まれる場面が増えた。

 後半に入ると互いに攻撃の糸口をつかめない膠着(こうちゃく)状態。5分にFKからFW畑潤基(はたじゅんき)が狙ったヘディングシュートは頭に当てきれず。ボールを保持する岡山の攻勢を堅実な守備でしのぐと、28分に途中交代のMF森俊貴(もりとしき)が入れたクロスに柳が頭で合わせて先制点を決めた。終盤は5バック気味に守備を固めて岡山の猛攻をはね返した。

 栃木SCの次節は18日午後6時から、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで水戸と対戦する。