表彰台を独占したブリッツェン勢。左から2位の小野寺、初優勝の小坂、3位の阿部=11日午後、山口県長門市内

 自転車ロードレースの年間シリーズ戦「ジャパンサイクルリーグ(JCL)」第6戦「山口ながとクリテリウム」が11日、山口県長門市のルネッサながと周辺特設コースで行われ、宇都宮ブリッツェンの小坂光(こさかひかる)がロードレース初優勝を飾った。2位に小野寺玲(おのでられい)、3位に阿部嵩之(あべたかゆき)が入り、1年2カ月ぶりにブリッツェン勢が表彰台を独占した。

 全国の地域密着型プロ9チームの53人が出場。小坂はレース序盤の逃げに加わり、小野寺、阿部を含め5人の逃げ集団のまま終盤戦へ。最終盤にブリッツェン以外の2選手が落車し、ブリッツェンの3人がほぼ並んでゴールした。

 今季創設されたJCLで、ブリッツェンは開幕2連勝して以来の3勝目となった。