那須の里山、大輪の花が照らす 芦野聖天花火大会

 【那須】第66回芦野聖天花火大会(同実行委員会主催)が19日夜、御殿山周辺で開かれ、夜空に打ち上がった約4千発の花火が夜の里山を彩った。

 浅草などとともに日本三所聖天の一つとして知られる芦野の三光寺の夏の縁日に合わせ、毎年8月19日に開催している。

 午後7時すぎから、スターマインを中心に大小さまざまな花火が約1時間半にわたって打ち上げられると、露店が並んだ旧街道や国道沿いから眺める観客から盛んに歓声が起こった。