開幕戦に向け練習に励むGSKの選手たち=日光市ホッケー場

 ホッケーの女子日本リーグのグラクソ・スミスクライン(GSK)は11日午前10時から、甲府市の山梨学院スタジアムで今季参入した東京Vとレギュラーステージ(RS)開幕戦を行う。今季は大学5チームで4月に先行開幕し、東京五輪後に社会人5チームも含めた全10チームで再開。RSは10月24日までの1回戦総当たりで、GSKは短期決戦で初優勝を狙う。

 今季は新型コロナウイルスの影響で、現時点で9月の全試合が無観客開催。試合会場も一部で変更となった。先行開幕した大学チームでは東海学院大が3戦全勝で首位に立っている。RS4位以上が11月13、14日に岐阜県の川崎重工スタジアムで行われる最終ステージに進出する。