出流原スマートIC整備本格化 国交省から連結許可書 佐野市

 佐野市出流原町の「北関東自動車道出流原パーキングエリア(PA)」にスマートインターチェンジ(IC)を新たに整備する事業に伴い、同スマートICへのアクセス道路や周辺の整備事業を担当する市は17日、国土交通省から「(仮称)出流原PAスマートIC連結許可書」を受け取った。これを受け市の整備事業が本格始動する。

 同事業は、市総合計画で掲げる「交流拠点都市」を実現するための「出流原PA周辺総合物流開発整備事業」の一環。スマートICの整備により、同地域の渋滞回避や物流・産業拠点への企業誘致、雇用創出が期待される。

 許可書の伝達式は同日、市役所で行われ、国交省宇都宮国道事務所の上原重賢(うえはらしげよし)所長が岡部正英(おかべまさひで)市長に手渡した。