【下野】市教委は8日、新型コロナウイルス感染拡大への対応として小中学校の授業を13日から当面、短縮5時間授業とすると発表した。給食は提供する。

 10日までは午前中のみ授業の特別日課となっている。児童生徒が感染防止のため出席を見合わせた場合は、これまでと同様に欠席扱いとしない。部活動の中止は継続する。また、校庭、体育館などの学校施設開放も当面、中止とする。