県北地域サイクルツーリズム推進協議会の第4回会合が8日、オンラインで開かれ、県北地域のモデルルート「ナス1(イチ)」の準備状況について県が報告した。ポータルサイトを11月下旬に開設し、併せてルートマップ約2500部を配布する。

 ナス1は大田原、矢板、那須塩原、さくら、塩谷、那須の6市町を巡る全延長約144キロで、標高差は約1150メートル。サイトは観光情報サイト「とちぎ旅ネット」を活用し、ルートや観光、宿泊などの情報を紹介する。英語による案内も整備する。併せてルートマップを道の駅6カ所や各観光協会などで配布する。