旧栃木署跡地入り口に設置された横断幕

市役所に掲示されたメッセージ

旧栃木署跡地入り口に設置された横断幕 市役所に掲示されたメッセージ

 【栃木】市は7日、東京パラリンピック車いすテニス女子ダブルスで銅メダルに輝いた市出身の大谷桃子(おおたにももこ)選手(26)=かんぽ生命=を祝う横断幕を、旧栃木署跡地入り口と栃木駅前ロータリーに設置した。

 横断幕は縦50センチ、横560センチと縦80センチ、横250センチの2種類。いずれも大谷選手の写真とともに「車いすテニス女子ダブルス銅メダル獲得! おめでとうございます!」などと書かれている。設置は17日まで。

 市役所2階の吹き抜け部分の床にも同様のメッセージを掲示しており、パラリンピック初出場でメダルを獲得した大谷選手の快挙を伝えている。市の担当者は「今後も期待の選手。次回のパリ大会に向けて、引き続き市を挙げて応援していきたい」と話している。