ブレックス決算の推移

 バスケットボールB1宇都宮ブレックスを運営する「栃木ブレックス」(宇都宮市駒生2丁目、藤本光正(ふじもとみつまさ)社長)は7日、2021年6月期決算を発表し、売上高は14億800万円(前期12億1100万円)、税引き前当期純利益は3700万円(同純損失1億4400万円)でともに過去最高となった。経費削減を進める中でスポンサー収入が大幅に伸び、コロナ禍に伴う各種助成金などが収益を押し上げた。同社の関雅樹(せきまさき)会長が1億円を増資予定で、前期陥った5500万円の債務超過は解消される見通し。