初秋の夜空に雲が流れる谷中湖=7日午前3時10分、栃木市藤岡町(超広角レンズ使用)

 7日は二十四節気の「白露」。朝夕に涼しさを感じるようになり、夜間に大気が冷え、草花に朝露が宿る時季とされる。

 県内は秋雨で曇り空が続いたが、この日、久しぶりに晴れ間が戻った。栃木市内の渡良瀬遊水地では午前2時すぎに少しずつ雲が流れ、1時間ほど谷中湖の上空に星空が広がった。湖面には夜空と秋の雲が鏡のように映り込み、幻想的な世界が現れた。

 宇都宮地方気象台によると、この日の最低気温は奥日光が9・3度、小山16度、宇都宮16・1度となるなど、各地で平年より4~6度ほど低く、9月下旬~10月上旬の気温となった。湿った空気の影響で、県内は週末にかけて曇り空が続くという。