キャラ弁部門で最優秀賞となった野溝さんの弁当(佐野市提供)

 【佐野】市はこのほど、佐野ブランドキャラクター「さのまる」の活動10周年を記念して実施した「さのまるキャラ弁コンテスト」の審査結果を発表した。「キャラ弁」部門の最優秀賞は東京都新宿区、自営業野溝千鶴(のみぞちづる)さん(43)の弁当が選ばれた。

 さのまるは2011年にブランドキャラクターとして活動を始めた。市は10周年を記念して、さのまるの衣装デザインコンテストなどを展開している。

 キャラ弁コンテストは「キャラ弁」「オブラートアート」「キッズキャラ弁」の3部門で開いた。写真共有アプリ「インスタグラム」を利用し、さのまるをイメージした弁当などの写真を募集したところ、計61点の応募があった。

 審査は、高校生が独自の視点でシティープロモーションを手掛ける「高校生地域定着促進モデル事業」に参加する生徒ら16人が担当。最優秀賞6点、特別賞2点を選んだ。

 野溝さんの弁当は、ご飯などで形作ったさのまるをはじめ、佐野のご当地グルメ「佐野黒から揚げ」「いもフライ」など盛りだくさんの内容。野溝さんは「お弁当を作っていくうち、さのまるのファンになった。新型コロナウイルス禍が落ち着いたら佐野においしいものを食べに行きたい」と話した。