元気に育っているミナミアメリカオットセイの赤ちゃん

元気に育っているミナミアメリカオットセイの赤ちゃん

元気に育っているミナミアメリカオットセイの赤ちゃん 元気に育っているミナミアメリカオットセイの赤ちゃん

 【那須】大島の那須どうぶつ王国でミナミアメリカオットセイの赤ちゃんが誕生し、元気に育っている。

 7月7日生まれの雌で、父親は7歳のソール、母親は12歳のローナ。8月30日時点で体重約8キロ、体長約60センチと誕生時の約2倍となった。

 現在、泳ぐ練習と日光浴のために不定期で一般公開されており、自由に泳ぎ回ったりぺたぺた歩いたりする姿を見ることができる。知能が高く好奇心旺盛で、人が近づくと興味を示して見つめてくるという。

 営業時間や定休日は、新型コロナウイルス感染拡大状況で変動する。同園ホームページで確認できる。