全国大会初出場を決めたトライ∞の選手たち=日環アリーナ栃木

 【宇都宮】市内を拠点に活動する小学生ドッジボールチーム・トライ∞(エイト)が「カワチカップ第30回全日本選手権栃木大会」(下野新聞社など後援)で初優勝し、本大会への出場を決めた。チーム一丸で接戦を勝ち抜き、創部10年目の節目につかんだ栄冠に、冨澤春陽(とみさわはるひ)主将(11)=横川東小6年=は「本当にうれしい。みんな落ち着いてプレーできた」と笑顔で振り返った。

 トライ∞はとちぎYMCAがつくるクラブチームで、1~6年の児童30人が所属する。現在はコロナ禍で練習は止まっているが、通常だと週2回、今泉町の市青少年活動センターなどで練習に励んでいる。