【栃木】市教委は2日までに、新型コロナウイルス感染症対策として市立小中学校の6~10日の授業を短縮して行うことを決めた。

 学習機会を確保しながら感染リスクを下げるため、授業時間を1単位5分ずつ短縮する。夏休み明けの1~3日は午前中のみの授業としていた。

 13日以降の対応については、感染状況を注視して判断するという。