猛暑の中、行列ができたビルマ汁フェスティバル=14日午前、益子町長堤の道の駅ましこ

 3連休初日の14日、県内は気温が上昇し、9地点で今年の最高気温を更新した。大田原は36・3度で、1976年の統計開始以来、7月の観測史上最高を記録した。県内最高は佐野の36・8度だった。