政治活動用ポスターに貼られた紙=8月31日、宇都宮市内

 自民党の西川鎭央(にしかわやすお)栃木県議(49)=さくら市・塩谷郡選挙区、1期=が宇都宮市内に掲示した政治活動用ポスターに、嫌がらせとみられる紙が貼られる被害が相次いだことが1日、分かった。同氏の後援会は宇都宮東署に被害届を提出する方針。

 後援会によると、8月31日、同市内のポスターに「県議としての選挙区外で違反。すぐ警察へ」などと書かれた貼り紙を見つけた。同市の上河内、河内の両地区の幹線道路沿いを中心に、約30件発見し、うち6枚を同署も確認したという。ポスターは同29日に貼り始めたばかりだった。

 県選挙管理委員会によると、政治活動用ポスターの掲示に地域的な制限はない。