平山幸宏町長(左)から委嘱状を受け取る大谷さん

 那須町地域おこし協力隊の委嘱状交付式が1日、町役場で行われ、埼玉県深谷市出身の舞台役者大谷佑典(おおたにゆうすけ)さん(34)が11人目の隊員に就任した。

 大谷さんは東京・下北沢を拠点に活動する劇団「狼少年」に所属。昨年以降、新型コロナウイルス禍で公演の中止や延期を余儀なくされる状況が続いていることから、「これまでの経験を生かして世の中のためにできることはないか」と考え、協力隊員に応募した。

 今後、自身の農業体験や地域の魅力を会員制交流サイト(SNS)で発信するほか、学生向けに演劇のワークショップを開いていく。

 大谷さんは「地域の素晴らしさを多くの方に知ってもらい、高校生や大学生に人と直接関わる大切さを伝えられれば」と話した。