企業のワクチン接種希望者状況

 県内企業の約4割が、新型コロナウイルスワクチンについて「希望者があまり接種していない」と答えたことが31日までに、帝国データバンク宇都宮支店の調査で分かった。ワクチン接種が進まず、業務に影響を受けている企業もあるという。同支店は「ワクチンの効果は企業も期待しており、行政が一日も早く希望者全員の接種を終えられる体制をつくることが求められる」と指摘している。

 調査は7月に実施し、133社が回答した。

 接種を希望する従業員の状況について、「把握している」とした企業は63.2%だった。一方、「把握していない」は30.1%、「分からない」は6.8%だった。