キッズデザイン賞を受賞した「馬門鏡もち保育園」

キッズデザイン賞を受賞した「馬門鏡もち保育園」

キッズデザイン賞を受賞した「馬門鏡もち保育園」 キッズデザイン賞を受賞した「馬門鏡もち保育園」

 【佐野】学校法人呑龍(どんりゅう)愛育会(大祝町)の「馬門鏡もち保育園」(馬門町)は、「第15回キッズデザイン賞」(NPO法人キッズデザイン協議会主催)を受賞した。

 同賞は子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つ優れた製品・空間・サービス・研究活動などを顕彰する制度として2007年に設けられた。

 同保育園は、手塚建築研究所(東京都)が設計し、昨年4月に開園した。長さ約23メートルの長屋門、雨天時でもさまざまな運動や活動ができる約450平方メートルの「縁側」を設けた。0、1歳児の部屋を畳間にするなど、子どもたちが伸び伸び過ごせる和風建築にした。

 小林研介(こばやしけんすけ)理事長は「外国の方にも日本の保育園っていいねと言われるよう和風にした。長屋門の白壁には佐野のしっくいに大谷石を混ぜたものを塗った」と説明する。

 その上で「子どもたちの健やかな成長を願うだけでなく、日本風、栃木風を取り入れたことが評価され、大変うれしい」と喜んだ。