打ち上げられた花火

打ち上げられた花火

打ち上げられた花火 打ち上げられた花火

 【佐野】砕石や石灰業者などで組織する葛生産業協会は29日夜、あくと町の秋山川西側の空き地で75発の花火を打ち上げた。

 子どもたちに夏休み最後の思い出をつくってもらいたいと企画。新型コロナウイルス感染防止のため、打ち上げ時間や場所を公表せず、無観客で実施した。

 午後7時から数分間、2~4号の花火が相次いで打ち上げられると、赤や黄色の大輪が夜空を彩った。

 葛生地区では、毎年5月に開催されている「くずうフェスタ花火大会」が2年連続で中止となっている。

 同協会の森川嘉洋(もりかわよしひろ)事務局長は「コロナの中でも花火で元気を取り戻してもらいたいと願い実施した。来年こそは花火大会を盛大に開きたい」と話している。