6年ぶりの優勝が決まり、マウンドに集まって喜び合う作新学院ナイン=30日午後、明石トーカロ球場

 第66回全国高校軟式野球選手権大会最終日は30日、兵庫県明石市の明石トーカロ球場で決勝を行い、北関東代表の作新学院は1-0で3連覇中の中京(東海・岐阜)を下し、6年ぶり10度目の優勝を飾った。

 作新学院は初回、1死三塁から朴炳旭の三ゴロで1点を先制。先発小林歩夢が相手打線を4安打に抑え、その1点を最後まで守り切った。