秋季県高校野球大会のシード校を決める「第14回交流戦」最終日は29日、作新学院高でAブロックの決勝戦1試合を行い、今夏の甲子園に出場した作新学院が茂木を11-3で下した。

 作新学院のほか、前日までにシード権を獲得したのは石橋、大田原、高根沢、上三川、佐野日大、小山西、宇都宮短大付の7校。

 秋季県大会の抽選会は31日に行われ、9月11日に開幕する。