ネット配信のティップオフイベントでファンと交流を図ったブレックスの選手たち=ブレックスアリーナ宇都宮

イベントでフリースローチャレンジを楽しむブレックスの選手たち=ブレックスアリーナ宇都宮

ネット配信のティップオフイベントでファンと交流を図ったブレックスの選手たち=ブレックスアリーナ宇都宮 イベントでフリースローチャレンジを楽しむブレックスの選手たち=ブレックスアリーナ宇都宮

 バスケットボールB1の宇都宮ブレックスが29日、「2021-22シーズンTIP-OFFイベント」をオンライン配信し、約1500人が視聴した。今季スローガンが「BEYOND(ビヨンド)」に決定したほか、主将には8季連続で田臥勇太(たぶせゆうた)が就任した。

 イベントには新型コロナウイルスに感染した比江島慎(ひえじままこと)、新外国人のアイザック・フォトゥ、ブランドン・ジャワトを除く10選手が参加。この日から合流したチェイス・フィーラーが初めてファンの前に姿を見せた。

 冒頭、藤本光正(ふじもとみつまさ)社長は「新たな気持ちで挑戦するシーズン。変化をポジティブに捉えチーム一丸で頑張る」とあいさつ。新スローガンについては「厳しい状況は続くが、コロナ前に戻るのではなく超えていくという気概を込めた」と説明した。その後は選手たちがトークショーやフリースローチャレンジなどでファンを楽しませた。

 終了間際には田臥が「昨年の悔しさを晴らしたい。新しい力を加え、応援したいと思ってもらえるチームをみんなでつくっていく」と所信表明。副主将の渡辺裕規(わたなべひろのり)も「新メンバーに『ブレックスはこういうチームだ』というのを伝えていく。新たなバスケを見せられると思う」と意気込みを語った。