野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は29日、小山運動公園野球場で茨城と対戦し5-3で競り勝った。通算成績は26勝6分け20敗で順位は2位のまま。首位埼玉とのゲーム差は3に縮まった。

 栃木GB打線が四回につながった。1死二塁から佐々木斗夢(ささきとむ)の左前打で先制。さらに叺田本気(かますだもとき)の2点適時三塁打、大貫礼央(おおぬきれお)の右越え2点本塁打で、この回一挙5得点を挙げ試合の主導権を握った。

 投げては先発右腕塩満瑛斗(しおみつえいと)が5回2失点と試合をつくった。それ以降は相葉拓夢(あいばたくむ)、北方悠誠(きたがたゆうじょう)ら4投手が4回1失点で相手打線の反撃をしのいだ。

 次戦は31日午後2時から、神奈川県中井町の星槎中井スタジアムで神奈川と対戦する。