サッカーJ2第27節は29日、各地で4試合を行い、栃木SCは松山市のニンジニアスタジアムで愛媛と対戦、1-0で競り勝った。12試合ぶりの白星で通算成績は5勝11分け11敗の勝ち点26。順位は19位からJ2残留圏内の17位に浮上した。

 栃木SCは前半13分に得たPKをFW畑潤基が決めて7試合ぶりに先制。その後は積極的な守備でリズムをつかんだ。後半は一転して愛媛に主導権を奪われ、何度も決定的なピンチを迎えたが、体を張った守備で何とかしのぎ切った。

 栃木SCの次節は9月5日午後6時から、県グリーンスタジアムで山口と対戦する。