中学男子個人で初優勝した常盤のティーショット=ピートダイGC・VIPコース1番パー5

 全国高校・中学ゴルフ選手権大会最終日は28日、高校が宇都宮市のサンヒルズCC、中学が日光市のピートダイGCのVIPコースで男女個人を行い、中学男子(6704ヤード、パー72)は常盤和也(ときわかずや)(鹿沼東)、同女子(6257ヤード、パー72)は鹿沼市出身の松原柊亜(まつばらしゅあ)(千葉・松戸二)が頂点に立った。共に鹿沼東小出身で昨年の県知事盃ジュニアの部の優勝者。

 高校男子(6853ヤード、パー72)は松澤虎大(まつざわこてつ)(佐野日大)と石川巧(いし(かわこう)(作新学院)がパープレー144で33位タイ、松枝靖悟(まつえだやすのり)(佐野日大)が57位に終わった。高校女子の花田華梨(はなだかりん)(宝木中出、ルネサンス)は棄権した。