11回、二走・吉田(右)がサヨナラのホームインをし、喜ぶ宇北ナイン=栃木市営

 第100回全国高校野球選手権記念栃木大会第8日は13日、清原と栃木市営両球場で2回戦6試合を行い、青藍泰斗、鹿沼、宇北などが3回戦へ駒を進めた。

 青藍泰斗は延長十回の末、宇都宮に5-4で逆転勝ち。六回途中から登板した高久立樹也(たかくりきや)が5回1失点と好投。打っても2点を追う八回に同点の2点滴時二塁打を放ち、延長十回は勝ち越しの2点適時三塁打を放った。鹿沼は1-0で矢板に勝利。三回に1点を先制すると、主戦渡辺朋樹(わたなべともき)の粘投と守備陣の踏ん張りで最後までリードを守り切った。

 宇北は十一回裏、無死一、二塁から栗原諒平(くりはらりょうへい)が右前打を放ちサヨナラ勝ち。茂木は3点を追う九回に代打伊藤優作(いとうゆうさく)の適時二塁打などで同点に追い付き、延長十回、4番仁平琉誠(にへいりゅうま)の三塁強襲安打でサヨナラ勝ちした。作新は3-1で足工に辛勝。宇南は5-2で小山北桜を退けた。

 大会第9日は14日、清原と栃木市営両球場で2回戦4試合を行う。