12年ぶり合同公演 人生豊かな歌声響く 宇都宮の2合唱団

 【宇都宮】市内の女声合唱団の「コール・かわち」(22人)と「コーロ・バンビニ」(38人)の12年ぶりとなるジョイントコンサートがこのほど、市河内地区市民センターで開かれた。

 「かわち」の野添愛子(のぞえあいこ)代表(74)=下岡本町=が他自治体の合唱団が開いた公共施設の小さなスペース利用した手作りコンサートを鑑賞し、「自分たちもやってみたい」と「バンビニ」に働き掛けた。

 コンサートは、「かわち」と「バンビニ」が交互に歌う編成で実施。「かわち」は花シリーズとして「花の街」や「芭蕉布(ばしょうふ)」、「バンビニ」は「うみ」、「朧(おぼろ)月夜」など童謡メドレーを豊かな人生経験をにじませた美声で歌い上げた。

 200人を超える観客から大きな拍手が湧き起こり、アンコールでは観客と一緒に「ふるさと」を歌った。