みこしや踊り、夏にぎわう 西那須野ふれあいまつり

みこしや踊り、夏にぎわう 西那須野ふれあいまつり

 【那須塩原】夏恒例の「第34回西那須野ふれあいまつり」(同実行委員会主催)が29日、JR西那須野駅西口周辺で開かれ、子どもたちや家族連れでにぎわった。

 駅前通りでは、西那須野地区の5保育園の園児たち約380人が、園ごとにそろいの法被姿で花笠踊りを披露。メインステージでは、仮装大会やおはやしの演奏などが行われた。

 午後6時ごろからは、市内の経営者などでつくる「御輿(みこし)同好会 楽粋」がみこしを担いで練り歩き、流し踊りでは地元自治会や企業から参加した約1500人が約1キロを西那須野音頭に合わせて踊り歩いた。