二階幹事長との会談後、取材に応じる西川県議(中央)=26日午後、東京・永田町の自民党本部

 自民党の西川鎭央(にしかわやすお)県議(49)=さくら市・塩谷郡選挙区、1期=が26日、党本部を訪れ、二階俊博(にかいとしひろ)幹事長に、次期衆院選で栃木2区から出馬する意向を伝えた。会談後、西川氏は記者団の取材に応じ、二階氏から「全面的に支援する」と激励を受けたとした上で「期待に応えられるよう頑張っていきたい」と事実上の出馬表明を行った。

 自民県連が実施した公募では6月、五十嵐(いがらし)清(きよし)前県議(51)の擁立が決定。西川氏は選考から外れ、現2区支部長で父親の西川公也(にしかわこうや)元農相(78)が選考過程に異を唱えていた。