全学年でかかし製作 学校水田に15体設置 宇都宮市細谷小

 【宇都宮】細谷小(446人)は19日、同校近くにある学校水田のあぜ道に児童が作ったかかし15体を立てた。担任に似せ眼鏡を描いたり、かわいい女の子になるようネックレスを着けたり、児童が工夫を凝らした力作のかかしが整列した=写真。

 かかしは、これまで田植え学習をする2、5年生だけが作っていたが、今年は全学年で製作。この日は児童代表30人と水田を提供している同校地域協議会の田村勝己(たむらかつみ)会長(73)らが、豊作を祈りながら個性あふれるかかしを立てていった。