3度目のパラリンピックで悲願のメダルを狙う真田=2020年11月、千葉県柏市

 東京パラリンピック車いすテニス男女ダブルスの組み合わせが25日に発表され、男子の真田卓(さなだたかし)(36)=那須塩原市出身、凸版印刷=はシングルス世界ランキング1位の国枝慎吾(くにえだしんご)(37)=ユニクロ=と、女子の大谷桃子(おおたにももこ)(26)=栃木市出身、かんぽ生命=は同2位の上地結衣(かみじゆい)(27)=三井住友銀行=と組み、ともに第3シードで出場することが決まった。

 男子ダブルスには23組が出場。2018年アジアパラ優勝の真田・国枝組は29日の2回戦が初戦でフランスのペアと当たる。女子は12組で争い、大谷・上地組は同日の準々決勝から登場する。3大会連続出場の真田、初出場の大谷はともに初のメダル獲得を狙う。決勝は男子が9月3日、女子が同4日に行われる。

 車いすテニスは27日、真田が出場する男子シングルス1回戦などで始まる。