プロレスファンや通行人らが見守る中行われた栃木プロレスの旗揚げ興行

プロレスファンや通行人らが見守る中行われた栃木プロレスの旗揚げ興行

プロレスファンや通行人らが見守る中行われた栃木プロレスの旗揚げ興行

プロレスファンや通行人らが見守る中行われた栃木プロレスの旗揚げ興行 プロレスファンや通行人らが見守る中行われた栃木プロレスの旗揚げ興行 プロレスファンや通行人らが見守る中行われた栃木プロレスの旗揚げ興行

 新型コロナウイルス収束後の日本をプロレスで元気づけようと6月に設立した「栃木プロレス」の旗揚げ興行が25日、宇都宮市江野町のオリオンスクエアで行われ、プロレスファンらが生の迫力を楽しんだ。

 無観客での開催も検討されたが、屋外開催という点と、臼井伸太郎(うすいしんたろう)代表や選手らの「(コロナが収束していない中だが)ソーシャルディスタンスを守った中で見てもらい、元気になってほしい」との思いから有観客で実施した。