日光産のトマトを使ったサルサソースと生ハムのコッペパン

団子を挟んだコッペパン

日光産のトマトを使ったサルサソースと生ハムのコッペパン 団子を挟んだコッペパン

 【日光】テークアウトの形で地元飲食店のオリジナルコッペパンを楽しめる「にこっペパンproject(プロジェクト)」が9月11、12日の両日、開かれる。2回目となる今回は対象地域が広がり、市内の計約60店舗が計約120種類のコッペパンを用意する。実行委員会の福田雅晃(ふくだまさあき)会長(27)は「各店舗で新型コロナウイルス感染対策を徹底している。大半の店が予約可能なので、密にならないよう事前に計画を立てて、周遊してほしい」と呼び掛けている。

 同プロジェクトは昨年、コロナの影響で打撃を受けている市内の飲食・サービス業の店舗を巡って地域の新しい魅力を発見してもらおうと、日光青年会議所(JC)が初めて企画した。各店舗や市民から好評だったため、同JCのメンバーが中心となり、新たに同委員会を設立した。今後は毎年開催していく考え。