県は24日、産業労働観光部経営支援課に勤務する宇都宮市在住の20代男性会計年度任用職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。商工団体等の育成指導を担当し、不特定多数の県民との接触はない。

 23日に発熱し、検査で翌24日に陽性が判明した。最終出勤日は19日で職場に濃厚接触者はいないという。