日光市教委は24日、夏休み明けとなる25日からの市内小中学校の登校について、新型コロナウイルス対策として、今週中の授業は午前中のみとする方針を決めた。部活動は29日まで休止する。

 同日の市議会議員全員協議会で市教委が説明した。

 県内のコロナ感染者が増加する中、市内若年層の感染率は比較的低い状況であることなどを踏まえ、始業日延期などの措置は取らず、今週は午前中授業とする。

 一方、放課後児童クラブは午前中授業に伴い、時間を早めて受け入れる。

 現時点で来週は通常登校の予定だが、市教委の担当者は「感染状況の推移によっては、今後の対応を再度調整する」と話した。