全米シニア女子オープンで4位タイに入った斉藤=那須伊王野CC

大会3日目の斉藤

全米シニア女子オープンで4位タイに入った斉藤=那須伊王野CC 大会3日目の斉藤

 ゴルフの全米シニア女子オープン(7月29~1日)で斉藤裕子(さいとうゆうこ)(那須塩原市在住)が日本勢最高の4位タイに食い込んだ。2018年の同大会で5位に入ったのを上回る好成績。53歳のベテランは「難しいコースだったが、ティーショットが良かったのが(好スコアに)つながった」と笑顔で振り返った。

 大会は米国コネティカット州のブルックレーンCC(5995ヤード、パー72)で行われ、50歳以上の約120選手が出場した。斉藤は通算2アンダーをマーク。米女子ツアー通算72勝のアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)が通算12アンダーで優勝。2位は4アンダーのリサロッテ・ノイマン(スウェーデン)、3位は3アンダーでローラ・デービース(イギリス)。日本勢では藤井(ふじい)かすみが14オーバーで41位タイだった。