秋季県高校野球大会のシード校を決める「第14回交流戦」は21、22の両日、県内各会場で8ブロックに分かれて行われ、今夏の全国選手権栃木大会準優勝だった佐野日大、4強入りした文星芸大付、宇都宮短大付などがシード権獲得の懸かる各ブロック決勝に駒を進めた。

 ブロック決勝は7会場で28日に実施。全国選手権を戦った作新学院は28日に登場し、このブロックの決勝は29日に行われる。全ての会場が無観客開催。