西小が作成したグリチュ選手の応援動画

東京パラリンピックに出場する自転車競技オーストリア代表のグリチュ選手(那須塩原市提供)

西小が作成したグリチュ選手の応援動画 東京パラリンピックに出場する自転車競技オーストリア代表のグリチュ選手(那須塩原市提供)

 那須塩原市のホストタウン事業でオンラインによる交流を重ね、このほど東京パラリンピック出場を決めたオーストリアの自転車競技「ハンドサイクル」男子のアレクサンダー・グリチュ選手(38)の活躍を願い、西小が児童による応援動画を作成した。動画を見たグリチュ選手から感謝のメッセージも届き、児童は喜んでいる。

 グリチュ選手は2005年に車の事故で両下肢が動かなくなる対麻痺(ついまひ)となり、13年にハンドサイクリングを始めた。14年からは毎年、世界選手権大会でトップ10入りを果たすなどヨーロッパを代表する選手の一人として知られている。